【心理テスト】公園ですれ違った人は誰ですか?

心理テストをはじめます。

今回の舞台は公園です。あなたは、公園を散歩しています。広い公園です。休日なのでたくさんの人が公園を利用しています。想像してください。

それでは、問題です。

心理テスト問題

問題です。

公園を歩いていると同じ年代の人ばかりとすれ違いました。

あなたがすれ違った人は、何歳くらいの人が一番多かったですか? あなたより年上でしたか? あなたより年下でしたか? それとも、あなたと同世代の人でしたか?

心理テストの答え

 

心理テストの答えを発表します。
この心理テストでは、あなたが未来を見ているのか、過去を見ているのか、今を生きているのか、どこを見て生きているかがわかります。

年上を想像した人は、未来重視の人です。未来について考えています。未来と言っても、夢や希望に溢れている場合もあれば、老後の心配ばかりしている場合もあります。

年下を想像した人は、過去に執着している人です。やり直したいことや後悔していることがあるんじゃないでしょうか?やり直すことが可能なら再チャレンジを検討してもいいけれど、どうにもならない過去なら、自分を過去から解放させてあげて欲しいな。

同世代を想像した人は、今を生きている人です。1日1日を大事に生きているか、その日その日の暮らしに必死な場合もありますよね。・・・いろいろあるけど負けないで!