(2022年)五黄土星の吉方位

五黄土星は「帝王の星」。

九星の中で最も強い力を持っている星です。正義感が強く自分に厳しい一方で、頼まれると嫌だと断れない優しさを持ち、みんなを引っ張っていくリーダーとしての資質も持っています。五黄土星は親分肌で頼もしい存在なのです。

しかし、プライドの高さから自分の弱さを見せるが苦手。甘えるのも苦手。また、強すぎる個性のため、人から誤解されたり避けられたりすることがあるため、極端な人生を歩むことになります。

それでは、五黄土星の2022年の吉方位と運勢をみてみましょう。

2022年の五黄土星の位置

2022年の五黄土星は「中央」に位置します。

「中央」は五黄土星の定位置。五黄土星の定位置「中央」には「五黄土星」が巡ります。同じ五黄土星なので比和関係になります。

2022年五黄土星の吉方位

五黄土星の2022年運勢

令和4年(2022年)は、五黄土星の年になります。

五黄土星の定位置は中央。9年かけて一巡し定位置に戻ってきました。中央は強運ですが運気の波は激しくなる場所。2022年はいい意味でも悪い意味でも自分らしさが色濃く表れる年になるでしょう。

運気が頂点にある2022年は、周囲から注目を集め、良くも悪くも目立つ存在になります。中心的な人物として大活躍する一方で、目立ちすぎて足を引っ張られる事もありそう。強気な言動はいつも以上に反感を買うので、周りへの気配りを忘れないようにしましょう。

恋愛運も大きな変化を感じそう。諦めかけていた恋が実ったり、元彼や元彼女との関係が復活するなど運命を感じる恋愛をする人もいれば、浮気をされたりしつこくされたりトラブルに発展する傾向があります。勢いで関係を深めて後悔しないように気をつけてくださいね。

健康面は体力を過信しないこと。多忙が続いて生活は不規則になりがちです。睡眠不足は思考力を低下させ、ケガや事故に繋がらせやすいです。不調を感じたら頑張りすぎないこと。寝るのが一番です。

五黄土星の2022年吉方位

【令和4年(2022年)の吉方位】

西北方位、南方位、西方位、北東方位

毎月の吉方位

  • (1月吉方位) 北東方位、北方位
  • (2月吉方位) 南方位
  • (3月吉方位) 西北方位
  • (4月吉方位) 西方位
  • (5月吉方位) ありません
  • (6月吉方位) 南方位、西北方位
  • (7月吉方位) 西方位
  • (8月吉方位) 西北方位、南方位、西方位
  • (9月吉方位) 北東方位、西方位、南方位
  • (10月吉方位) 北東方位、南方位
  • (11月吉方位) 南方位
  • (12月吉方位) 北西方位

方位は自分の家からの方位を見ます。引越や海外旅行や長期出張を考えている人は、引越先や目的地が自分の家からみて、吉方位に移動すると運気を高めます。

五黄土星の2022年凶方位

  • 南西(歳破)

2022年は、五黄土星が中央に位置するので、五黄殺と暗剣殺の方位はありません。本命殺と本命的殺の方位もありません。

歳破は、2022年の干支である寅の反対側にある申方位(西南西)になり、誰にとっても大凶方位となります。

大凶方位に家を建てたり、引っ越したり、旅行へ行くのは避けるようにしましょう。大凶方位にでかけると事故、病気、精神的苦痛、トラブルなどに遭うと言われています。

凶方位は方違えで対処

凶方位だとわかっていてもどうしても行かなくてはならない場合がありますよね。その時は、「方違え」という法で対処する方法があります。

方違えは、一度良い方向に移動し、そこから目的地が良い方位になるように迂回する方法です。

たとえば、旅行の場合、前日に目的地が吉方位になる場所で一泊し、そこから目的の旅先に向かいます。引越の場合は、旅行よりさらに時間をかけます。2ヶ月以上、他の場所で暮らし、その仮宿から吉方位になる場所に引っ越します。

五黄土星の早見表

1月生まれ、2月生まれの人は注意してください。
例えば、昭和61年1月23日生まれの人は、五黄土星ではなく六白金星になります。2月生まれの人も、節分までに生まれた人は前年生まれになり、六白金星になります。

 昭和 7年生(1932年)
 昭和16年生(1941年)
 昭和25年生(1950年)
 昭和34年生(1959年)
 昭和43年生(1968年)
 昭和52年生(1977年)
 昭和61年生(1986年)
 平成 7年生(1995年)
 平成16年生(2004年)
 平成25年生(2013年)