【2022年】戌亥天中殺の運勢

2022年(令和4年)は壬寅(みずのえとら)の年になります。

寅年なので寅卯天中殺生まれの人が天中殺になり、戌亥天中殺生まれの人は、2022年は天中殺の年ではありません

2022年の年運は天中殺ではありませんが、「月天中殺」と「日天中殺」は、戌亥天中殺の人にも巡ってきます。天中殺中は天の助けを得られない時期になります。結婚、転職、転居、独立、起業、リフォームなど新しいことを始めるのに不向きなので、「月天中殺」は無理しないように気をつけてくださいね。

戌亥天中殺の2022年運勢

一匹狼タイプの戌亥天中殺。

誰かに頼ったり甘えるのは苦手ですがひとりでコツコツ頑張ることは得意です。努力を積み重ね、試練を乗り越え、孤軍奮闘しながら大きく成長していくのが戌亥天中殺です。

ちなみに、戌亥天中殺は、六星占術では「土星人」。0学占いでは「土星と天王星」。五星三心占いでは「羅針盤」の人になります。

2022年の戌亥天中殺は、活躍の場が広がり成長を感じる年になります。

新しい人と知り合うチャンスが増え、人を通じて学ぶことが多い運気。自分の努力と周囲の協力が相乗効果となり、活躍する機会が多くなるでしょう。

自分の価値観に拘っていると未来の可能性が狭まってしまいます。できるだけ視野を広くし、小さくまとまっている自分の殻を破って違う世界も覗いてみて。

寅年に頑張ったことは自分の糧になります。気になる誘いを受けたらチャンスだと思って前向きに検討してみましょう。自分の可能性を信じて飛躍する年にしてくださいね。

好調な運気ですが、月天中殺の10月8日から12月6日までは強気の行動は控えるように。天中殺の時期は頑固になりやすく判断力も低下します。王様、女王様的な態度は注意です。周囲への配慮や思いやりを忘れないようにしましょう。

戌亥天中殺が注意する月

天中殺には、12年に2年巡ってくる「年の天中殺」と1年に2ヶ月巡ってくる「月の天中殺」と12日に2日巡ってくる「日の天中殺」があります。

「月の天中殺」と「日の天中殺」は、毎年、みんな平等に巡ってきます。

2022年の戌亥天中殺は天中殺の年ではありませんが、「月の天中殺」と「日の天中殺」はやってくるので注意しましょう。

戌亥天中殺の月天中殺は戌月(10月)と亥月(11月)です。10月の節入り日、10月8日から12月6日まで気をつけてください。

  • 【天中殺・注意】
    10月8日から12月6日まで

戌亥天中殺が注意する日

戌亥天中殺は、戌日と亥日が天中殺になります。2021年の戌日と亥日を書いておきます。

  • 1月の戌亥天中殺
     9日、10日、21日、22日
  • 2月の戌亥天中殺
     2日、3日、14日、15日、26日、27日
  • 3月の戌亥天中殺
     10日、11日、22日、23日
  • 4月の戌亥天中殺
     3日、4日、15日、16日、27日、28日
  • 5月の戌亥天中殺
     9日、10日、21日、22日
  • 6月の戌亥天中殺
     2日、3日、14日、15日、26日、27日
  • 7月の戌亥天中殺
     8日、9日、20日、21日
  • 8月の戌亥天中殺
     1日、2日、13日、14日、25日、26日
  • 9月の戌亥天中殺
     6日、7日、18日、19日、30日
  • 10月の戌亥天中殺
     6日、7日、18日、19日、30日
  • 11月の戌亥天中殺
     5日、6日、17日、18日、29日、30日
  • 12月の戌亥天中殺
     11日、12日、23日、24日

天中殺について

天中殺は1970年代に日本中で大ブームになりました。

取り上げ方が「天中殺に事をおこすと必ず破滅する」と、あまりにもセンセーショナルだったため、恐いというイメージばかりが一人歩きし、当時は社会問題になりました。

天中殺に科学的根拠はありません。

しかし、今日はついてないなぁと感じるとき、運勢を調べてみますと、天中殺の時期と重なっていることが多々あります。相談サイトをはじめて20年になりますが、天中殺の真っ只中の人から相談されることがとても多いです。

ちなみに 、天中殺のことを四柱推命では「空亡」と呼びます。 空亡は天中殺と同じく12年に2年訪れますが、天中殺占いのように重視しません。人によっては空亡(天中殺)の時期に好転し吉運になる人もいるからです。

というわけで、天中殺だから必ず運気はダウンするというわけではありません。ただ、繰り返しになりますが、天中殺に時期になると良くないことがあったり、心が晴れない人がいますので、念のため気をつけてくださいね。