宿命大殺界を陽転させるためにすること

120年間のうちに20年間やってくる「宿命大殺界」。私も、とうとう「宿命大殺界」に突入しました。

悲しいことに、宿命大殺界に入る2ヶ月前に、大好きな母を失いました。悲しいです。こんなに寂しくなるなんて思っていませんでした。その事は、後ほど語らせてください。

スポンサーリンク

マツコデラックス

以前、マツコデラックスさんが、テレビ番組内で細木数子先生に占ってもらっていたことがありました。マツコさんは、その時、ちょうど大殺界中。

厄年と大殺界が重なり、その事を気にしていたマツコさんに、細木先生は、「大殺界が終わったら宿命大殺界っていうのが来るの20年間」と予言。

そして、宿命大殺界に入る前に引越しをしなさい!とアドバイスされていました。

宿命大殺界に入る前にすること

何歳で、宿命大殺界を迎えるかで、宿命大殺界に入る前の過ごし方は変わってきます。

子どもの頃は、親の庇護のもとで暮らしているので、自分の運命を変えるのは難しいです。しかし、20代や30代で「宿命大殺界」を迎えた場合は、子どもの頃と違い、親から独立していますので、自分の意志で動くことが可能です。

「宿命大殺界」の本によると、20代や30代で宿命大殺界を迎えた場合が、一番「陽転」させやすいようです。

宿命大殺界で陽転させるためには、宿命大殺界に入る前の2~3年間の過ごし方が大事で、どんなに焦っても現状維持を守り、受け身でいるよう心がけること。そして、いよいよ宿命大殺界に入るという直前に、環境を大きく変えると陽転しやすいそうです。たとえば、

  • 転職する
  • 独立する
  • 引っ越しする
  • 結婚する
  • 進学する

自分を覆っていた枠から飛び出し、その飛び出し方が大きければ大きいほど、陽転する可能性が高まります。ただし、現在の生活に満足している人は無理に変える必要はありません。しかし、宿命大殺界に入ると、自分の意志とは関係なく変化はあるようです。

宿命大殺界に入る直前に母を亡くしました

私は6旬で宿命大殺界を迎えます。20代や30代のチャレンジは難しいです。でも、せっかく勉強したんだから、陽転させたくて、自分で出来る環境の変化を模索していました。

しかし、変わるときには変わるんですね。

宿命大殺界に入る2ヶ月前に母が亡くなりました。人はいつか亡くなるって頭でわかっていても心が追いつかないでいます。母が亡くなってから、世の中の景色が変わってしまい、もしかしたら、「宿命大殺界」に入ったせいなのかなとも感じています。

50代60代の宿命大殺界

宿命大殺界を4~6旬で迎えた場合は、陽転しにくいそうです。中年期の場合は、宿命大殺界に入る前の2~3年の過ごし方で、陽転するか陰転するか決まるけど、高齢になってから迎えた場合は、宿命大殺界に入る前に、親しい人との死別や離別があるそうです。

私がそうでした。
母を亡くす1週間前に、大切な友達も天国に旅立ちました。

1週間の間に、自分の事を無条件で心配してくれる人を二人も失い、あれだけ気にしていた宿命大殺界もどうでもよくなってきました。これ以上、辛いことはないんじゃないかと思うくらい寂しいです。

でも、頑張って生きていきます。生きたくても生きられない人もいるんだから、生きていることに感謝しないとね。自分と向き合うためにも、もう少し宿命大殺界を研究してみます。

最後に、もうひとつ。

マツコさんの公表されている誕生日で占うと、マツコさんが宿命大殺界に入るのは74歳から20年間でした。もしかして、公表されている誕生日が違うんでしょうか。木村くんと同級生で仲良くしていたから年齢は誤魔化してないと思うんですけどね。

スポンサーリンク

フォローする