子丑天中殺の2019年運勢

2019年(平成31年)は己亥(つちのとい)年です。
亥年なので戌亥天中殺が天中殺になります。子丑天中殺の2019年は天中殺ではありません。

天中殺の年ではありませんが、「月天中殺」と「日天中殺」は、子丑天中殺の人にも巡ってきます。天中殺中は天の助けを得られない時期。何となく不安だったり、逆に必要以上にテンションが高くなったり落ち着きません。

天中殺の期間に積極的に動くと、後になって後悔することが多々あります。結婚、転職、転居、独立、起業、リフォームなど新しいことを始めるのは不向きなので、「月天中殺」(12月と1月)は無理しないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

子丑天中殺の2019年運勢

情熱的で社交的な子丑天中殺。

人を楽しませる力を持ち、一緒にいると明るい気持ちにさせてくれます。なので、子丑天中殺の周りには自然と人が集まってきます。

ただ、どの天中殺よりも負けず嫌いなので、ライバルに対しては距離を置いて付き合います。ライバルがいると燃え上がり、勝つための努力は惜しみません。

2019年は、攻めるより守りの姿勢を貫けば円満な年になります。

前へ前へ努力し続ける子丑天中殺ですが、2019年は大きな変化を求めるのではなく、これまで続けてきたことを大切にしてください。新しいことに挑戦しても、心身のエネルギー消耗するだけで、思うような結果は出しにくい年だからです。

自分の生活を見直して、だらしない習慣を改善したり、住まいを美しくしたり、気になっていたことをやり遂げたり、心身を整えることで運気は安定していきます。

月天中殺は、疲れが身体に出やすくなり、無理に頑張ると精神的に疲れてきます。イライラしたり八つ当たりしないよう、常に謙虚な態度を意識してくださいね。

子丑天中殺が注意する月

天中殺には、12年に2年巡ってくる「年の天中殺」と1年に2ヶ月巡ってくる「月の天中殺」と12日に2日巡ってくる「日の天中殺」があります。それはみんなに平等に巡ってきます。

子丑天中殺は2018年は天中殺の年ではありませんが「月の天中殺」はやってくるので注意してくださいね。

子丑天中殺の月天中殺は子月(12月)と丑月(1月)です。2019年は1月1日から2月3日まで、12月7日から2020年の2月3日まで気をつけてください。

子丑天中殺が注意する日

子丑天中殺は、子日と丑日が天中殺になります。2018年の子日と丑日を書いておきます。

1月の子丑天中殺  3日、4日、15日、16日、27日、28日
2月の子丑天中殺  8日、9日、20日、21日
3月の子丑天中殺  4日、5日、16日、17日、28日、29日
4月の子丑天中殺  9日、10日、21日、22日
5月の子丑天中殺  3日、4日、15日、16日、27日、28日
6月の子丑天中殺  8日、9日、20日、21日
7月の子丑天中殺  2日、3日、14日、15日、26日、27日
8月の子丑天中殺  7日、8日、19日、20日、31日
9月の子丑天中殺  1日、12日、13日、24日、25日
10月の子丑天中殺  6日、7日、18日、19日、30日、31日
11月の子丑天中殺  11日、12日、23日、24日
12月の子丑天中殺  5日、6日、17日、18日、29日、30日

天中殺について

天中殺は1970年代に日本中で大ブームになりました。

「天中殺に事をおこすと必ず破滅する」と、あまりにもセンセーショナルな取り上げ方だったため、恐いというイメージばかりが一人歩きし、当時は社会問題にもなりました。

 天中殺に科学的根拠はありません。
しかし、ついてないと感じるときを調べてみると、天中殺の時期と重なっていることが多々あります。私は相談サイトをはじめてから16年になりますが、天中殺の真っ只中の人から相談されることがとても多いです。

ちなみに 、天中殺のことを四柱推命では「空亡」と呼びます。 空亡は天中殺と同じく12年に2年訪れますが、天中殺占いのように重視しません。人によっては空亡(天中殺)の時期が吉運になる人もいるからです。

というわけで、天中殺だから必ず運気はダウンするというわけではありません。ただ、繰り返しになりますが、天中殺に時期になると良くないことがある、 心が晴れない人は多いので、念のため気をつけてくださいね。