子丑天中殺の2020年運勢

2020年(令和2年)は庚子(かのえね)年です。

子年なので子丑天中殺が天中殺になり、2020年の年運は天中殺の年になります。

天中殺は、天の助けを得られない時期です。いつもなら、すんまり決まる事が決まらなくなったり、周囲から誤解されやすく、秘密がバレたり、事故に遭ったり、病気になったりします。

また、天中殺の年に始めたことは天中殺が明けると終わることが多く長続きしません。なので、結婚、転職、転居、独立、起業、リフォームなどは天中殺があけてからにしましょう。

スポンサーリンク

子丑天中殺の2020年運勢

情熱的で社交的な子丑天中殺。

誉められることが大好きで、人を楽しませる力を持っています。周りの人を明るい気持ちにするので、子丑天中殺の周りには自然と人が集まってきます。

ただ、子丑天中殺はどの天中殺よりも負けず嫌い。ライバルに対しては距離を置いて付き合います。ライバルがいると燃え上がり、勝つための努力は惜しまない頑張り屋です。

2020年は、天中殺の年になります。

天中殺占いは旧暦で占うので、2月4日から<天中殺の年>になりますが、子丑天中殺は12月と1月が<月天中殺>なので、意識して気をつけないと、2020年はお正月から生活のリブムが崩れ、憂鬱な気分になりそうです。

天中殺の時期は、周囲との関係に変化が生じます。迷惑をかけられたり、誰かのために自分を犠牲にしなくてはならない事もありそうです。子丑天中殺は目上の人との縁が薄いので、親や上司や先輩などの信頼を失わないよう気をつけると同時に、できない頼まれ事はちゃんと丁寧に断るようにしましょう。

嫉妬心にさいなまれイライラと焦る一方で、注意力が散漫になりがちなので、落とし物や忘れ物には注意してください。

天中殺の時期は自分らしさが失われる時期ですが、当たり前の幸せに気づける時期になります。小さくても良い事があれば感謝して、自分を大切にして、毎日を丁寧に過ごして下さいね。

【月天中殺】子丑天中殺が注意する月

天中殺には、12年に2年巡ってくる「年の天中殺」と1年に2ヶ月巡ってくる「月の天中殺」と12日に2日巡ってくる「日の天中殺」があります。それはみんなに平等に巡ってきます。

子丑天中殺は2020年が天中殺の年なので、1年中注意が必要ですが、「月天中殺」はとくに気をつけてくださいね。

子丑天中殺の月天中殺は子月(12月)と丑月(1月)です。2020年は1月1日から2月3日まで、2020年12月7日から2021年の2月3日まで気をつけてください。

【日天中殺】子丑天中殺が注意する日

子丑天中殺は、子日と丑日が天中殺になります。2020年の子日と丑日を書いておきます。

  • 1月の午未天中殺  10日、11日、22日、23日
  • 2月の午未天中殺  3日、4日、15日、16日、27日、28日
  • 3月の午未天中殺  10日、11日、22日、23日
  • 4月の午未天中殺  3日、4日、15日、16日、27日、28日
  • 5月の午未天中殺  9日、10日、21日、22日
  • 6月の午未天中殺  2日、3日、14日、15日、26日、27日
  • 7月の午未天中殺  8日、9日、20日、21日
  • 8月の午未天中殺  1日、2日、13日、14日、25日、26日
  • 9月の午未天中殺  6日、7日、18日、19日、30日
  • 10月の午未天中殺  1日、12日、13日、24日、25日
  • 11月の午未天中殺  5日、6日、17日、18日、29日、30日
  • 12月の午未天中殺  11日、12日、23日、24日

天中殺について

天中殺は1970年代に日本中で大ブームになりました。

「天中殺に事をおこすと必ず破滅する」と、あまりにもセンセーショナルな取り上げ方だったため、恐いというイメージばかりが一人歩きし、当時は社会問題にもなりました。

天中殺に科学的根拠はありません。

しかし、過去の自分を振り返り、ついてないと感じるときを調べてみると、天中殺の時期と重なっていることが多々あります。私は相談サイトをはじめてから20年になりますが、天中殺の真っ只中の人から相談されることがとても多いです。

ちなみに 、天中殺のことを四柱推命では「空亡」と呼びます。 空亡は天中殺と同じく12年に2年訪れますが、天中殺占いのように重視しません。人によっては空亡(天中殺)の時期が吉運になる人もいるからです。

というわけで、天中殺だから必ず運気はダウンするというわけではありません。ただ、繰り返しになりますが、天中殺に時期になると良くないことがある、 心が晴れない人は多いので、念のため気をつけてくださいね。

スポンサーリンク