(2022年)四緑木星の吉方位

四緑木星は「風の星」。

爽やかな風のように人の心を和ませることができる人。人付き合いが上手で社交的。第一印象から好感を持たれ、面倒見が良く世話好きなので、自然と周りに人が集まってきます。

周りとの協調性を大切にするため、人と争うことが苦手。心の中で反発しても表に出すことはありません。欲望のまま突進することがないため、大きく道を踏み外すことも、大きな失敗をすることもありませんが、優柔不断なため大きな成功をすることも少なくなります。

それでは、四緑木星の2022年の吉方位と運勢をみてみましょう。

2022年の四緑木星の位置

2022年の四緑木星は「東南」に位置します。

「東南」は四緑木星の定位置。四緑木星の定位置「東南」には「四緑木星」が巡ります。同じ四緑木星なので比和関係になります。

2022年四緑木星の吉方位

四緑木星の202年運勢

令和4年(2022年)は、五黄土星の年になります。

五黄土星の定位置は中央。9年かけて一巡し定位置に戻ってきました。四緑木星も同じ。自分の本命星の場所である「東南」に戻ってきました。

東南は四緑木星にとって居心地の良い場所。2022年はいい意味でも悪い意味でも自分らしさが色濃く表れる年になり、真面目にコツコツ頑張るとさまざまな成果を手にすることができそうです。

とくに人間関係が良好で、周りが幸せを運んでくれる年になります。家族や友達を大切にすることで幸運度はさらにアップしますので、今まで以上に、周囲の人とのコミュニケーションを大切にし、できるだけたくさんの人と連絡を取ってみましょう。

ただ、欲に溺れたり、積極性に欠けるとチャンスを逃してしまいます。自信がないときは信頼できる人に相談するようにしましょう。

四緑木星の2022年吉方位

【令和4年(2022年)の吉方位】

南方位、東方位、北方位

毎月の吉方位

  • (1月吉方位) ありません
  • (2月吉方位) ありません
  • (3月吉方位) ありません
  • (4月吉方位) ありません
  • (5月吉方位) ありません
  • (6月吉方位) ありません
  • (7月吉方位) 北方位
  • (8月吉方位) 南方位、東方位、北方位
  • (9月吉方位) 北方位
  • (10月吉方位) ありません
  • (11月吉方位) ありません
  • (12月吉方位) ありません

方位は自分の家からの方位を見ます。引越や海外旅行や長期出張を考えている人は、引越先や目的地が自分の家からみて、吉方位に移動すると運気を高めます。

四緑木星の2022年凶方位

  • 東南(本命殺)
  • 西北(本命的殺)
  • 西南西(歳破)

2022年は、五黄土星が中央に位置するので、五黄殺と暗剣殺の方位はありません。歳破は、2022年の干支である寅の反対側にある申方位(西南西)になり、誰にとっても大凶方位となります。

四緑木星だけの大凶方位は、東南(本命殺)と西北(本命的殺)になります。

大凶方位に家を建てたり、引っ越したり、旅行へ行くのは避けるようにしましょう。大凶方位にでかけると事故、病気、精神的苦痛、トラブルなどに遭うと言われています。

凶方位は方違えで対処

凶方位だとわかっていてもどうしても行かなくてはならない場合がありますよね。その時は、「方違え」という法で対処する方法があります。

方違えは、一度良い方向に移動し、そこから目的地が良い方位になるように迂回する方法です。

たとえば、旅行の場合、前日に目的地が吉方位になる場所で一泊し、そこから目的の旅先に向かいます。引越の場合は、旅行よりさらに時間をかけます。2ヶ月以上、他の場所で暮らし、その仮宿から吉方位になる場所に引っ越します。

四緑木星の早見表

1月生まれ、2月生まれの人は注意してください。
例えば、昭和62年1月4日生まれの人は、四緑木星ではなく五黄土星になります。2月生まれの人も、節分までに生まれた人は前年生まれになり、六白金星になります。

  •  昭和 8年生(1933年)
  •  昭和17年生(1942年)
  •  昭和26年生(1951年)
  •  昭和35年生(1960年)
  •  昭和44年生(1969年)
  •  昭和53年生(1978年)
  •  昭和62年生(1987年)
  •  平成 8年生(1996年)
  •  平成17年生(2005年)
  •  平成26年生(2014年)