七赤金星の2018年運勢と吉方位

七赤金星は「沢の星」。

本命星を七赤金星に持つ人は、癒やしをもたらす湖のような存在。陽気で朗らか、初対面の人とも上手にコミュニケーションがとれるタイプです。一緒にいると楽しい相手で、自然と周りに人が集まってきます。

頭の回転が早く、鋭い感性の持ち主。好奇心旺盛で楽しいことが大好きなので、好きなことには寝る間も惜しんで励みますが、飽きっぽい。冷めてしまうと簡単に投げ出すこともあります。

それでは、七赤金星の2018年運勢をみてみましょう。

スポンサーリンク

七赤金星の2018年

2018年は九紫火星の年。
2018年の七赤金星は東に位置します。

東の位置は、「三碧木星」の定位置で、季節でいうと春。寒かった冬からようやく暖かくなります。時間でいうと夜明け前。暗い夜からようやく太陽が昇ってくる時間帯。2017年は明るくなり暖かくなり、スタートを切るには良い年になります。

やりたいことは我慢しないでどんどんチャレンジしましょう。ただし、そのための努力は必要。思いつきで行動すると失敗します。スキルアップのための努力は惜しまないで。努力すればするほど報われます。

人との出会いも多くなる1年です。周りからも注目されるので異性との出会いのチャンスにも恵まれるでしょう。外見を磨くことを怠るとチャンスを逃します。常に誰からに見られているつもりで外見も内面も磨いてくださいね。

七赤金星の早見表

1月生まれ、2月生まれの人は注意してください。
例えば、昭和59年1月10日生まれの人は、七赤金星ではなく八白土星になります。2月生まれの人も、節分までに生まれた人は前年生まれになり、八白土星になります。

 昭和 5年生(1930年)
 昭和14年生(1939年)
 昭和23年生(1948年)
 昭和32年生(1957年)
 昭和41年生(1966年)
 昭和50年生(1975年)
 昭和59年生(1984年)
 平成 5年生(1993年)
 平成14年生(2002年)
 平成23年生(2011年)

七赤金星の2018年吉方位

【2018年の吉方位】南西方位、北西方位

(1月吉方位) ありません
(2月吉方位) 北西方位
(3月吉方位) ありません
(4月吉方位) ありません
(5月吉方位) ありません
(6月吉方位) 北西方位
(7月吉方位) 南西方位、北西方位
(8月吉方位) ありません
(9月吉方位) 北西方位
(10月吉方位) ありません
(11月吉方位) 北西方位
(12月吉方位) ありません

方位は自分の家からの方位を見ます。引越や海外旅行や長期出張を考えている人は、引越先や目的地が自分の家からみて、吉方位に移動すると運気を高めます。

七赤金星の2018年凶方位

・南(暗剣殺)
・北(五黄殺)
・東(本命殺)
・西(本命的殺)
・南東(歳破)
・東北(三碧)

この方位に家を建てたり、引っ越したり、旅行へ行くのは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

フォローする