(2022年)七赤金星の吉方位

七赤金星は「沢の星」。

本命星を七赤金星に持つ人は、癒やしをもたらす沢のような存在。陽気で朗らか、初対面の人とも上手にコミュニケーションがとれる人当たりの良い人。一緒にいると楽しい相手で、自然と周りに人が集まってきます。

七赤金星は、頭の回転が早く、鋭い感性の持ち主。好奇心旺盛で楽しいことが大好きなので、好きなことには寝る間も惜しんで励みます。しかし、熱しやすく冷めやすく、冷めてしまうと簡単に投げ出すこともあります。

それでは、七赤金星の2022年(令和4年)の運勢と吉方位をみてみましょう。

2022年の七赤金星の位置

2022年の七赤金星は「西」に位置します。

西は「七赤金星」の定位置。同じ七赤金星なので比和関係になります。

七赤金星の定位置「西」には「七赤金星」が巡ります。自分の本命星の定位置に戻った形になります。2022年はいい意味でも悪い意味でも自分らしさが色濃く表れる年になります。

2022年七赤金星の吉方位

七赤金星の2022年運勢

令和4年(2022年)は、五黄土星の年になります。

五黄土星の定位置は中央。9年かけて一巡し定位置に戻ってきました。七赤金星も同じ。自分の本命星の場所である「西」に戻ってきました。

2022年はいい意味でも悪い意味でも自分らしさが色濃く表れる年になり、喜びや楽しみが多い1年になるでしょう。

思い責任やストレスから解放され気持ちが軽くなります。忙しくてできなかった趣味に没頭したり、行ってみたかった場所へ旅したり、おいしいものを食べて、自分らしくリラックスすると充実した時間を過ごせます。

遊ぶことに罪悪感を感じたり、つまらなさそうに過ごしていたら、運気はダウン。運気を上げるのに必要なのは元気さと明るさです。ちょっとついてないなと感じたときは笑顔を意識しましょう。

人との交流が増える2022年。交際運と恋愛運は絶好調です。友人や仲間と楽しい時間を過ごしてくださいね。人脈を広げるチャンスの年なのでがんばりましょう。

最後に、2022年は出費が増えます。財布の紐も緩みがち。無計画な出費で後悔しないよう金銭管理はしっかりしてくださいね。

七赤金星の2022年吉方位

【令和4年(2022年)の吉方位】

西北方位、東北方位、北方位

毎月の吉方位

  • (1月吉方位) ありません
  • (2月吉方位) ありません
  • (3月吉方位) 西北方位
  • (4月吉方位) ありません
  • (5月吉方位) ありません
  • (6月吉方位) 西北方位、東北方位
  • (7月吉方位) 北方位
  • (8月吉方位) 西北方位、北方位
  • (9月吉方位) ありません
  • (10月吉方位) 東北方位
  • (11月吉方位) ありません
  • (12月吉方位) 西北方位

方位は自分の家からの方位を見ます。引越や海外旅行や長期出張を考えている人は、引越先や目的地が自分の家からみて、吉方位に移動すると運気を高めます。

七赤金星の2022年凶方位

  • 西(本命殺)
  • 東(本命的殺)
  • 西南西(歳破)

凶方位は方違えで対処

凶方位だとわかっていてもどうしても行かなくてはならない場合がありますよね。その時は、「方違え」という法で対処する方法があります。

方違えは、一度良い方向に移動し、そこから目的地が良い方位になるように迂回する方法です。

たとえば、旅行の場合、前日に目的地が吉方位になる場所で一泊し、そこから目的の旅先に向かいます。引越の場合は、旅行よりさらに時間をかけます。2ヶ月以上、他の場所で暮らし、その仮宿から吉方位になる場所に引っ越します。

七赤金星の早見表

 昭和 5年生(1930年)
 昭和14年生(1939年)
 昭和23年生(1948年)
 昭和32年生(1957年)
 昭和41年生(1966年)
 昭和50年生(1975年)
 昭和59年生(1984年)
 平成 5年生(1993年)
 平成14年生(2002年)
 平成23年生(2011年)

元旦(1月1日)から節分(2月3日頃)までに生まれた方は、前年度生まれになります。例えば、1993年1月30日生まれの人は、1992年生まれになり、七赤金星ではなく八白土星になります。