【保存版】2023年七赤金星の五大凶方位、吉方位は東北、東

七赤金星の吉方位と凶方位について。

引越や旅行をする時、方位を気にする人は多いと思います。方位には吉方位と凶方位があり、その方角は毎年変わります。

2023年の吉方位と五大凶方位を書いておきますね。

2023年の七赤金星の位置

2023年の七赤金星は「東北」に位置します。南は「八白土星」の定位置。八白土星と七赤金星は「土生金」の相生関係になります。

七赤金星の定位置「西」には「六白金星」が巡ります。七赤金星と六白金星は同じ金星の比和関係になります。

2023年七赤金星の位置

七赤金星の2023年吉方位

七赤金星の2023年吉方位は

東方位、南方位、西方位の一部
西方位は歳破(酉方位)を除く

七赤金星の吉方位は、東方位と南方位、そして歳破(酉方位)を除く西方位になります。酉方位は西方位の真ん中15度くらいになります。西の方角にでかける場合は地図で確認してくださいね。

七赤金星の2023年毎月の吉方位

吉方位 東北 東南 西南 西 西北
1月          
2月            
3月              
4月          
5月            
6月            
7月                
8月              
9月                
10月                
11月            
12月                

方位は自分の家からの方位を見ます。引越や海外旅行や長期出張を考えている人は、引越先や目的地が自分の家からみて、吉方位に移動すると運気を高めます。

七赤金星の2023年五大凶方位

五黄殺 西北
暗剣殺 東南
本命殺 東北
本命的殺 西南
歳破 西(酉)

五黄殺は、五黄土星が位置している方位です。2023年は西北方位が五黄殺になります。強いエネルギーを持つ五黄殺の方向に向かうと、自分自身が起こした行動で災禍を招いてしまいます。西北方位への引越や移転、長期の旅行は避けるようにしましょう。

暗剣殺は、五黄殺の反対側の方位です。2023年は三碧木星が位置する東南の方位が暗剣殺になります。暗剣殺の方向に向かうと、予想外の災難が突発的に降りかかってきます。東南の方位への引越や移転、長期の旅行は避けるようにしましょう。

歳破は、年の方位盤につく凶殺です。2023年の歳破は、干支である卯(うさぎ)の反対側にある酉(とり)が位置する西の方位が歳破になります。歳破の方向に向かうと思い通りに運ばなくなります。今まで良好だった関係が悪くなったり、約束していたことが白紙になったりします。西の方位でのプロポーズや交渉事は避けるようにしましょう。

以上、五黄殺と暗剣殺と歳破は、誰にとっても大凶方位となります。

七赤金星だけの大凶方位は、東北(本命殺)と西南(本命的殺)。

本命殺は、自分の運命星が位置する方位です。2023年の七赤金星は東北に位置していますので、東北が本命殺になります。

本命的殺は、本命殺の反対側の方位です。2023年の七赤金星は東北に位置していますので、反対側の西南が本命的殺になります。

本命殺の方向に向かうと健康面に問題が生じ、本命的殺の方向に向かうと精神的なストレスが生じやすくなります。大凶方位にでかけると事故、病気、精神的苦痛、トラブルなどに遭うと言われています。凶方位に家を建てたり、引っ越したり、旅行へ行くのは避けるようにしましょう。

七赤金星の2023年毎月の凶方位

  五黄殺 暗剣殺 本命

本命

的殺
月破
1月 西 西南

(未)
2月 西南 東北 東南 西北 西南

(申)
3月 西     西

(酉)
4月 東南 西北 西北 東南 西北

(戌)
5月     西 西北

(亥)
6月 西北 東南 東北 西南

(子)
7月 西 東北

(丑)
8月 西南 東北 東北

(寅)
9月 西南 東北

(卯)
10月 西 東南

(辰)
11月 西南 東北 東南 西北 東南

(巳)
12月 西    

(午)

凶方位は方違えで対処

凶方位だとわかっていてもどうしても行かなくてはならない時がありますよね。その場合は、「方違え」という法で対処する方法があります。

方違えは、一度良い方向に移動し、そこから目的地が良い方位になるように迂回する方法です。

たとえば、旅行の場合、前日に目的地が吉方位になる場所で一泊し、そこから目的の旅先に向かいます。引越の場合は、旅行よりさらに時間をかけます。2ヶ月以上、他の場所で暮らし、その仮宿から吉方位になる場所に引っ越します。

七赤金星の早見表

  •  昭和 5年生(1930年)
  •  昭和14年生(1939年)
  •  昭和23年生(1948年)
  •  昭和32年生(1957年)
  •  昭和41年生(1966年)
  •  昭和50年生(1975年)
  •  昭和59年生(1984年)
  •  平成 5年生(1993年)
  •  平成14年生(2002年)
  •  平成23年生(2011年)

元旦(1月1日)から節分(2月3日頃)までに生まれた方は、前年度生まれになります。例えば、1993年1月30日生まれの人は、1992年生まれになり、七赤金星ではなく八白土星になります。

七赤金星の特徴

七赤金星は「沢の星」。

本命星を七赤金星に持つ人は、癒やしをもたらす沢のような存在。陽気で朗らか、初対面の人とも上手にコミュニケーションがとれる人当たりの良い人。一緒にいると楽しい相手で、自然と周りに人が集まってきます。

七赤金星は、頭の回転が早く、鋭い感性の持ち主。好奇心旺盛で楽しいことが大好きなので、好きなことには寝る間も惜しんで励みます。しかし、熱しやすく冷めやすく、冷めてしまうと簡単に投げ出すこともあります。