2018年天赦日カレンダー

天赦日(てんしゃび)は、最高の大吉日です。

天赦日の「赦」は「ゆるす」という意味で、この日は、百神が天に昇り、天が地上の万物を生養し、その罪を許す日になります。年によって異なりますが、天赦日は1年に5~6日しか巡ってきません。

なので、天赦日は「大安」よりも貴重で、天の恩恵により何の障害も起こらない日とされ、結婚や入籍、開店や開業、引っ越しなどにも最良な日とされています。

スポンサーリンク

天赦日になる日

天赦日は干支相生、相剋の中東を得る日。生まれ日が季節に旺じている日なので、季節によって違います。

  • 立春から立夏前までは「戊寅の日」
  • 立夏から立秋前までは「甲午の日」
  • 立秋から立冬前までは「戊申の日」
  • 立冬から立春前までは「甲子の日」

干支が一回りするまで60日かかりますから、天赦日は一季節に1~2日しか巡ってこないことになります。

2018年(平成30年)天赦日カレンダー

○2月1日
○2月15日
○4月16日
○7月1日
◎9月13日
○11月28日

2月15日の天赦日は、「寅の日」と「大安」が重なりますが、不成就日とも重なっています。

9月13日の天赦日は、一粒の籾が万倍にも増える「一粒万倍日」と重なっています。宝くじを買うには最高の日になりますね。

天赦日は数少ない貴重な1日です。結婚の予定がある人は早めに予約しましょう。

スポンサーリンク