【2023年】午未天中殺の運勢

2023年(令和5年)は癸卯(みずのとうさぎ)の年になります。

卯年なので寅卯天中殺生まれの人が天中殺になり、午未天中殺生まれの人は、2023年は天中殺の年ではありません

ただ、2023年の年運は天中殺ではありませんが、「月天中殺」と「日天中殺」は、午未天中殺の人にも巡ってきます。天中殺中は天の助けを得られない時期になり、結婚、転職、転居、独立、起業、リフォームなど新しいことを始めるのに不向きです。

「月天中殺」と「日天中殺」をチェックして、その日は無理しないように気をつけてくださいね。

【月天中殺】午未天中殺が注意する月

天中殺には、12年に2年巡ってくる「年の天中殺」と1年に2ヶ月巡ってくる「月の天中殺」と12日に2日巡ってくる「日の天中殺」があります。

2023年は「年の天中殺」は免れましたが、「月の天中殺」はやってきます。午未天中殺の月天中殺は午月(6月)と未月(7月)になります。

ただ、月の始まりは1日がスタートではありません。節入り日が月の始まりになります。6月の節入り日は6月6日。8月の節入り日は8月8日。8月7日まで気をつけてください。

【月の天中殺】
6月6日から8月7日まで

【日天中殺】午未天中殺が注意する日

午未天中殺は、午日と未日が天中殺になります。2023年の午日と未日を書いておきます。

天中殺の日
1月 1日、12日、13日、24日、25日
2月 5日、6日、17日、18日
3月 1日、2日、13日、14日、25日、26日
4月 6日、7日、18日、19日、30日
5月 1日、12日、13日、24日、25日
6月 5日、6日、17日、18日、29日、30日
7月 11日、12日、23日、24日
8月 4日、5日、16日、17日、28日、29日
9月 9日、10日、21日、22日
10月 3日、4日、15日、16日、27日、28日
11月 8日、9日、20日、21日
12月 2日、3日、14日、15日、26日、27日

午未天中殺の2023年運勢

目上の人に可愛がられることによって運を伸ばす力を持つ午未天中殺。

美意識が高く、バランス感覚に優れ、芸術やスポーツを愛する人が多いのが特徴。好きなことを見つけると、どんなに困難な事でも諦めることなく、続ける努力をする人で、6つの天中殺の中で一番こだわりがつよく、粘り強さを持っています。

ちなみに、午未天中殺は、六星占術では「火星人」。0学占いでは「火星と冥王星」。五星三心占いでは「鳳凰」の人になります。

2023年は大きく飛躍できる年。

天中殺月は注意してください。

人付き合いが増えるほど誤解が生まれやすくなります。天中殺月はついつい感情的になりがち。月天中殺の6月5日から8月6日までは言葉には気をつけてください。強気な態度を貫くとトラブルを引き起こすので注意して。いつも以上に謙虚な気持ちを忘れないようにしてくださいね。

天中殺について

天中殺は1970年代に日本中で大ブームになりました。

取り上げ方が「天中殺に事をおこすと必ず破滅する」と、あまりにもセンセーショナルだったため、恐いというイメージばかりが一人歩きし、当時は社会問題になりました。

天中殺に科学的根拠はありません。

しかし、過去の自分を振り返り、ついてないと感じるときを調べてみると、天中殺の時期と重なっていることが多々あります。私は相談サイトをはじめてから20年になりますが、天中殺の真っ只中の人から相談されることがとても多いです。

ちなみに 、天中殺のことを四柱推命では「空亡」と呼びます。 空亡は天中殺と同じく12年に2年訪れますが、天中殺占いのように重視しません。人によっては空亡(天中殺)の時期が吉運になる人もいるからです。

というわけで、天中殺だから必ず運気はダウンするというわけではありません。ただ、繰り返しになりますが、天中殺に時期になると良くないことがある、 心が晴れない人は多いので、念のため気をつけてくださいね。